一次頭痛と二次頭痛

【一次頭痛】

・緊張型頭痛
・偏頭痛
・混合型頭痛
・群発頭痛

【二次頭痛】

・くも膜下出血・脳腫瘍からくる頭痛
こちらは病院にて検査してください。

日本人の約3,000万人が頭痛持ち

・2,200万人が緊張型頭痛
・840万人が偏頭痛
・1万人が群発頭痛

現在日本人の3〜4人に1人が頭痛持ちです。

くも膜下出血・脳腫瘍による頭痛は毎年約1万〜3万人
・筋緊張性頭痛の6割・偏頭痛の8割が女性


生理中の頭痛は、エストロゲンが血中から減少し、セロトニンに何らかの影響を与えて頭痛が起こります。

【緊張型頭痛】

最も多く見られる第一次頭痛の1つです。
年齢・性別を問わず、誰もが発症する可能性のある頭痛といえます。
精神的なストレスや、長時間のデスクワーク・スマホ操作・電車などでのうたた寝など同じ姿勢を続けたことによって、血行が悪くなり首のつけねや頭の筋が緊張して固まってしまい、頭に行く血流が妨げられる事で起こります。
後頭部を中心に頭全体が締め付けられるような痛みと重みを訴えます。
毎日のように朝から晩まで一定のしめつけられる痛みが続きます。
肩こり・首こりを伴います。
めまいを伴うこともあります。
温めると楽になります。

検査方法

頭痛時、心臓より下に頭を下げた状態で頭を振っても痛みは変わりません。

○しめつけられるような頭の痛み
○同じような痛みが毎日ある
○お風呂に入ると楽になる

【偏頭痛】

緊張型頭痛の次に多い頭痛です。
全国で840万人もの、主に女性に多くみられます。
コリがある状態で、天気が崩れる前の低気圧やリラックス時に血管が膨張して一時的に血流がよくなり、起こると言われています。
ストレスや疲労の蓄積の他、女性ホルモンの乱れからもくるとみられています。ズキズキと脈打つような強い痛みで、光や音に敏感になったり吐き気を伴うこともあります。また、頭や体、まぶたを動かすだけでも頭に響いてさらに酷くなる傾向があります。
一部の方には、頭痛の前兆として視野の中に光が現れることもあります。

検査方法

頭痛時、心臓より下に頭を下げた状態で頭を振ると痛みが増します。

○ズキズキと脈打つように頭が痛い
○頭を下げると痛む
○吐き気や嘔吐がある
○頭痛の兆候としてぼんやりと白い物が見える

【混合型頭痛】

緊張型頭痛は、頭部周辺のコリが血流を阻害することで起こり、偏頭痛は普段からコリがある状態で、条件によって血管が拡張する事で一気に血流が回復する落差で起こります。痛みの出かたは、上記の緊張型頭痛・偏頭痛の両方です。

○しめつけられるような痛みとズキズキ疼く痛みがある
○軽いめまいが起こる
○頭を動かすと痛む
○パソコンを使った後に出る

【群発頭痛】

患者さんの多くが男性ですが、その数は少なく、まれなタイプです。
目の後ろを通っている内頸動脈が拡張して炎症が起こるためではないかと言われています。
また、風邪から副鼻腔炎を起こし、そこから群発頭痛に発展する方もいます。
多くは側頭部の上部を鈍器で殴られる痛みと目をえぐられるような痛みを訴えます。
個人差はありますが、1度症状が出始めると、1週間〜2ヶ月間毎日のように同じ時間に頭痛が起こります。毎日1時間から数時間程度。
痛みが出ている周期では、飲酒・喫煙は禁物です。

○鈍器で殴られるような痛み
○数ヶ月から数年に1度の間隔で一定期間毎日痛む
○目をえぐられるような痛み